一人減っても会社は変わらぬ

先週、派遣で来ていたスタッフが一人怪我をした。
山積みされたパレットからコンテナに飛び移ろうとして自ら足を踏み外してしまった。人間が痛みでのたうち回るところを見たのは初めてかもしれない。例えとして適切かどうかわからないが、天下一武道会で天津飯にやられたヤムチャのような感じ。

それなりの高さではあったが、そのスタッフの雑把なところとかを何度も目撃していたので、なんとも大げさだなあとさえ思った。が、結果として腰椎骨折という思いの外大きな怪我だったようだ。

あえて言わせてもらうなら、パレットから片足でジャンプして飛び移ろうとする行為そのものがアウト。ましてやそれで作業が中断して迷惑をかけられるのも困る。

それから1週間が経過した。

会社は一人欠けた状態だが、普通に機能している。遅れが生じていることもない。おれも相変わらず定時で帰れてる。

派遣だからとかって括りは良くないが、おってもおらんでも日々の仕事はそれほど変わらぬ。

これが現実。

とりあえず怪我したりしないように気をつけて日々を過ごさねば。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA