ブログはトイレのようなもんだ

ブログを書く行為は何に似ているのだろう。

仕事。

仕事にはならないししたくない。お金を稼げるとしたらそれは自由が失われているので、その時点で自我が抑制されてしまう。

 

ご飯。

ご飯を食べるように、毎日の行為として存在する。
でもこれだと、書くことがあるない関係なしに義務感が半端ない。

 

睡眠。

毎日決まった時間に訪れる。でも、無理したら夜更かしだってできるし、さらにがんばれば徹夜だってできる。ブログは無理したらたくさん書けるし、書かないこともできる。

 

トイレ。

決まった時間に出るものもあれば、なんだか突発的に出るものもある。出ないんだけど、休憩したい、現実逃避したい、ちょっとだけ一人きりになりたいときに駆け込むにはちょうどいい。ブログの投稿画面をみながら出そうだな、今日は出ないな、なんてところが似ている。

 

個人的にはトイレかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA