第1回 フジロックへ

第1回というものは、いつまでも記録として残り続ける。
フジロックの初日に行くまでそう思ってたけど、
伝説のように語り継がれることになるとは思っていなかった。

本当に台風がひどく、屋台で買ったおにぎりは一瞬でほぐれてしまう。

ポケットに入れた千円札は元の形を失うほどになり、
なんとかたどり着いた米原の駅前にあるコンビニの中華まんのケースに
同じようにびしょ濡れになった千円札が乾こうと張り付いている。

人生初の山梨県、人生初の富士山、自分の歴史にとっても伝説のような一日になった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA